重要! 新型コロナウイルス感染症について

当院における対応について

1.院内感染対策について

①来院者には全員検温を行います。また、体調に問題がないか問診表に記入して頂きます。

②定期的に待合室、トイレ、ドアノブなどの消毒を行います。

③待合室の窓を一部開放します。

④シーツ類はディスポーザブルのものを使用します。

⑤患者さん毎に診察室の椅子を消毒します。

⑥その他、院内の清潔に努めます。

 

2.発熱者への対応について

①37.5℃以上の発熱があり、以下のいずれかに該当する場合

●感染者との濃厚接触者、あるいは過去1か月以内に海外渡航歴のある方

●4日以上風邪症状が続いている方(一般の方)

●2日以上風邪症状が続いている方((70歳以上の方、糖尿病、がん、心・肺疾患などお持ちの方)

新型コロナウイルス感染症の可能性があります。下記に連絡してください(当院では新型コロナウイルス感染症の検査はできません)。

朝霞保健所 048-461-0468

新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター 0570-783-770

②37.5℃以上の発熱があり、前述の条件に当てはまらない場合

●感染の不安がある方は上記まで連絡してください。

当院での診察を希望される方は、まず18時までに当院に電話をしてください。その上で平日の18:15~18:45に受診してください(通常診療は18時までとさせて頂きます)。

③37.5℃未満で風邪症状のある場合

いわゆる風邪症候群のおよそ80~90%はライノウイルスなどのウイルス感染症です。その場合、抗生物質などの内服は必要ありません。自宅での安静、水分・栄養補給に努めてください。受診を希望される方は診察時間内に来院してください。念のため、待合室ではなくて処置室もしくは外でお待ちいただきます。